ラベル

ファンダメンタルズ投資 (181) 米国株 (161) バリュー投資 (153) 財務諸表を読もう (122) 成長株投資 (111) 不労所得を得る (110) 資本家 (109) 個別銘柄分析 (108) 配当を得る (100) 中国株 (96) 高配当投資 (84) 労働者 (80) 経営 (80) 会計 (78) インドネシア株 (70) バブル・暴落 (68) 書籍 (67) マレーシア株 (55) アルゼンチン株式 (53) 節約術 (40) テクニカル投資 (35) ロシア株 (34) 街角経済 (34) 組入銘柄 (32) 家計簿 (29) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) DIS (7) MO (7) PG (7) ABT (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 定点観測 (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 積立投資 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2014年12月20日土曜日

「ダービー!!―フットボール28都市の熱狂」 読了 --投資目標の一つが世界のダービーマッチを見て回る事なのだ!


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ この記事に共感いただけたらクリックを!m(__)m


私は14年ほど投資を進めていますが、もちろん夢があるのでその手段として投資を実行しています。夢と言ってもかなりリアルな目標です。

それは、世界のダービーマッチを目撃しに行くこと!!
私は名古屋サポーターでサッカーが好きなので、一度サポーターが熱狂する世界各地のダービーを見に行きたいと思っています。

その具体的な実現方法として、

  • 現在進めているFair Value Investment(公正価値投資)を継続して、
  • 金融資産を定年までに1億円にする、
  • そうなれば、だいたい配当利回りが2~3%くらいでは回せるので、
  • 不労所得として、年間200万円くらい入ってくる、
  • そのお金で毎年世界旅行をしよう!と、奥さんと言っています。
今どき、世界一周旅行は100万円くらいでできるので、あとは「時間」と「健康」に気をつけて、なんとか実現したいですね。
まあ、夢で終わるか、実現するか未来のことはわかりませんが、これからも引き続き、「節約」や「勉強」、その他各種活動を頑張ります!!ヽ(´ー`)ノ

さてさて、話は変わって、12月初旬に2014シーズンの最終節浦和アウェイを見に行きましたが、そこで一緒に観戦した高校の同期が、タイトルの本を貸してくれましたので、読んでみました。

当書籍は、英国の筆者が世界各国の28都市のダービーを取材したレポートが詳細に書かれています。実際現地に行って体験した紀行なので非常に緊張感があり、読んでいる自分自身もダービーを体験している気持ちになります。
また、ダービーの背景、歴史等も書かれていますので、各チームの対立軸なども知ることができます。メジャーなダービーはもとより、マイナーどころとして、イスラエルのダービー、インドのダービー、フェロー諸島のダービーも載っていて、ちょっと微笑ましい気分にもなれます。

私は、仙台に赴任している時(約3年間)、J2同士の東北ダービをよく見に行きました。
山形の人々の仙台への嫌いっぷり、J2ながら両者の熱い応援(ダービーの時はほぼ必ず満員になる)、それでも最後はお互いにリスペクトする姿、選手への愛着、そして地元への愛着。ほんとうに素晴らしいダービでした。
そして、仙台ホーム、山形ホームともに独特の雰囲気があり、街の息遣いを感じることが出来ました。

将来は、こんなナマの街の雰囲気を感じられるダービーマッチの旅に行ければ!、と夢見ています。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿