ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (146) バリュー投資 (141) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (103) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (86) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (65) 書籍 (62) インドネシア株 (56) マレーシア株 (49) アルゼンチン株式 (47) 節約術 (37) ロシア株 (32) 街角経済 (32) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2015年4月4日土曜日

「電子書籍を無名でも100万部売る方法」読了 --電子書籍出版で成功を収めた米国著者のマーケティングノウハウ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ この記事に共感いただけたらクリックを!m(__)m

当書籍は、米国の小説家の方が電子書籍を利用しミリオンセラーを達成したノウハウを記したものです。

章立ては、①電子書籍の現在の状況を説明し、次に②電子書籍での成功のために必要な要件の説明。そして最後に③マーケティング手法を説明している。

第1章では、出版に関わる既存のマーケット手法を全て否定し、新しい電子書籍でのマーケティングを踏まえて、電子書籍の特徴を明らかにしています。その中では、電子書籍を利用したニッチなターゲティング、その顧客の集めることが鍵であると説いており、既存の書籍のマーケティング手法の無用さを暴いています。確かに、電子書籍は読者に立直する方法が既存の書籍と大きく変わっており、認知を得るのはある意味容易いと言えます。
このマーケティングの違いを理解することは、マスメディア広告とWEB広告の違いを理解することに近いと思います。

第2章では、成功の4つの鍵として、①計画の重要性、②ターゲットの確定と信頼の確率、③ビジネス化、④ツールを挙げています。ここまで読み進めると著者が偶然にミリオンセラーを当てたのではないことが分かってきます。むしろかなりWEBでのマーケティング手法を熟知しており、試行錯誤もあったことが分かります。第1章で既存メディアでのマーケティングの失敗を身をもって体験したことも納得です。
この章ではWEBでのマーケティングが明らかになってきますので、興味がある人は手にとって見るのもいいでしょう。ただ、テーマが広くなったこともあって、内容が少し薄くなってきます。特にツールの使い方はありきたりなWEBマーケティングですので、改めて言われてもという気持ちになります。

第3章では、具体的なビジネスを進める方法を説明しています。この章立ては引用します。
  1. 特捜的なコンテンツを執筆する(ターゲットを知る)
  2. WEBサイトの制作
  3. シンプルで機能的なブログを制作する
  4. ブログをプロモーションする
  5. 電子出版する
  6. 1~5を繰り返す
となっています。
この章は、ブログやツイッターの使い方なども説明が入っているので、すでにWEBマーケティングを知っている方は冗長かもしれません。

総合的に見ると、電子書籍の成功方法というよりは、WEBマーケティングに関わる最低限必要な知識が書かれているという構成ですので、すでに詳しい方は読む必要はないかもしれません。ただ、初めてWEBの仕組みを知る人や既存メディアのマーケティングのダメダメさを知りたい方にはちょっとは役に立つかもしれません。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿