ラベル

ファンダメンタルズ投資 (163) バリュー投資 (133) 米国株 (133) 財務諸表を読もう (107) 個別銘柄分析 (100) 資本家 (99) 不労所得を得る (98) 成長株投資 (97) 配当を得る (93) 中国株 (79) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (74) 労働者 (70) バブル・暴落 (64) 書籍 (60) インドネシア株 (49) マレーシア株 (44) アルゼンチン株式 (42) 節約術 (32) ロシア株 (30) 街角経済 (29) テクニカル投資 (27) 家計簿 (25) 組入銘柄 (25) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (9) NISA (8) NTES (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) SHAK (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年9月7日月曜日

The Walt Disney Company (DIS)3 配当が出ました --ウォルト・ディズニーの財務状況を見ておきましょう。キャッシュフローとCVP

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

ウォルト・ディズニー(DIS)の、2015年第2四半期の配当が出ました。
現時点で、配当利回りが1.31%で、配当利回り自体はそれほど高い会社ではありません。しかしながら、他を圧倒するブランド力とメディア戦略で今後も成長することが予想されることから、少しずつ買い増しています。
今のところ、中国の不動産バブル崩壊の混乱で米国株式が大きく下落する局面があると思いますので、その時に大きく買い増していこうと思っています。

今日は、ウォルト・ディズニー社のキャッシュフローと損益分岐を見てみます。
キャッシュフローは、+、-、-と安定成長企業によくあるお金の使い方をしています。潤沢な営業キャッシュフローを投資や借入金の返済に回しているのがよく分かります。バランスもいいですね。
次のその推移ですが、ここ数年は投資を少し抑え気味にして、借入金の返済を増やしているようです。
損益分岐点分析です。安全余裕率が高い水準にあるので、高付加価値の事業を展開しているのが分かります。

纏めとして、こんな見える化しなくても超優良企業であるのはわかっているのですが、あらためてグラフにしてみると圧倒的ですね。ヽ(^o^)丿

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿