ラベル

ファンダメンタルズ投資 (170) 米国株 (142) バリュー投資 (139) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 配当を得る (95) 中国株 (83) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (61) インドネシア株 (52) マレーシア株 (46) アルゼンチン株式 (45) 節約術 (36) 街角経済 (32) ロシア株 (30) テクニカル投資 (28) 家計簿 (27) 組入銘柄 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2015年11月13日金曜日

米国株式市場のPER(2005年からの10年間) --ここ10年のNY市場の割安性はいかがか?

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

今年はじめの、2015年2月21日に、「米国市場の平均PER --米国株はいま買いどきか?」という記事を書きました。

先月私も、ウォルト・ディズニー社を購入しましたので、現在の米国市場の割安感を見てみようと思います。シラー先生のサイトからNY市場のPERが取れるので、ここ10年分をグラフにしてみました。
リーマン・ショックの2008年を除き、現状の株価はそれほど高いわけではないですね。ただ、2008年以前は米国株式は異常なほど上昇を続けていたので、今のPERが低いということも言えないと思います。

まあ、経済ほど未来のことを話すことが無意味なものはないので、あまり未来予想はしないのですが、実体経済と株価などの価格が異常に乖離するときは過去の歴史上、必ず適正な価格に戻ってきます。大きな目で見ると米国の企業はやはら他国の企業に比べ強く成長性のある企業が多く、今のような経済の方向性が定まらない時は、強い会社の安定を購入するのが得策かと思われます。

なお、1880年台からのPERは以下になります。NYSEです。変動が大きいですね。これを見てもあまり現状がどうなのかよく分かりませんが(笑)。
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿