ラベル

ファンダメンタルズ投資 (180) 米国株 (157) バリュー投資 (152) 財務諸表を読もう (121) 成長株投資 (110) 不労所得を得る (109) 資本家 (109) 個別銘柄分析 (107) 配当を得る (100) 中国株 (94) 高配当投資 (84) 労働者 (80) 経営 (79) 会計 (76) バブル・暴落 (68) インドネシア株 (67) 書籍 (66) マレーシア株 (53) アルゼンチン株式 (51) 節約術 (39) テクニカル投資 (34) 街角経済 (34) ロシア株 (33) 組入銘柄 (31) 家計簿 (28) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 定点観測 (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 積立投資 (1)

2015年12月5日土曜日

節約のすすめ4 --さぁ、断捨離第2弾、30年間連れ添っている腕時計の話、時間が創造する価値の大切さ・貴重さ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 共感いただけたらクリックを!m(__)m →☆今こんな順位にいます

節約のすすめ第4話、で、「価値あるもの紹介」の第2弾になります。

私は高校に入学してから腕時計をしていますが、いままで1本の腕時計でずっと過ごしています。約30年間、この腕時計と一緒に過ごしています。

その腕時計は、セイコーのクオーツ時計。H449-5030という型番。
↓この時計と30年間過ごしてきた!


この時計は、私の「価値あるもの」の中でも、筆頭のものです。
買ってもらったのは、高校に入学する時。お父さんとお母さんに買ってもらいました(今は、父は他界していませんが、(T_T))。3万円だった記憶ですが、当時は相当高いものを買ってもらった、長持ちさせねば、という気持ちでした。今では、違った意味で長持ちさせて一生使っていきたい気持ちでいっぱいです。

思い出①
長持ちさせようと丁寧に扱っていたのですが、買って3ヶ月で、高校1年のプールの授業でコンクリートに落としてしまい、ガラスが割れることに。相当凹みました。数千円で修理することに。(T_T)

思い出②
5年ほど前、凄い出会いが。長年使っていると電池やベルトを変更することが多くなるのですが、いま勤務中の大きなビルに入っている時計店に電池交換に初めて伺った時のこと。
そこの店長さんが偶然、元セイコーの職員さんで、瞬時に型番と年式を当てられました。ただ、ここに大きな間違いが。

店長さん 「えらい古い時計を使ってますね。すごいですね。」
私 「ありがとうございます。昔、お父さんとお母さんに買ってもらいまして。」
店長さん 「15年前から使っているとは凄いね。私も元セイコーの職員でこの製品を扱っていたから」
私 「いえいえ、25年前から使ってますよ」

実はセイコーのこの製品のシリアルナンバーは、10年台のところのシリアルがなくて、下一桁しかありません。だから、店長さんは、15年前のものと勘違いして、流石に25年前のものを使っているとは思ってなかった、ということです。

それ以来、店長さんとはお友達になって、いろいろ便宜を図ってもらいました。

ある時(つい最近のことですが)、また落としてしまってガラスの端にヒビが入ってしまいました。店長さんに修理をお願いしたのですが、セイコーではもう在庫もなく、修理もできないとのこと。ただ、店長さんの人脈・伝手で下請けのガラス会社に特別頼んで、修理をしていただきました。なので、いまは私の時計は、特別に私のためだけに作った表面ガラスがはめ込んであります。

思い出③
これだけ使っていると、消耗品の電池とベルトは年1ペースで交換が入ります。
(電池はこの頃の技術なのか、持ちがいいような気がする)
特にベルトはもう20回は替えていると思います。ベルトを買えていくたびに愛着が積み重なっていきます。


これまで、このFairValueInvestmentのブログで、価値と価格の関係を話してきました。
形あるものの価値は、
  • ベーシックな原材料の価値
  • その製品の技術の価値
  • そのメーカーや製品のブランド価値
  • 各種希少価値
などがあります。

しかしながら、それら価値は売り手・造り手が創造したものであり、貴方はあくまでも「受け身の関係」です。形あるものは、もう一つ、その製品を使い倒すことによって、新しい価値観が生まれます。
それはその製品が貴方との「関係性で生まれた価値」で、誰でもおいそれと真似できる価値ではありません。いままで受け身だった一方向の価値を、双方向のインタラクティブ価値へ昇華する時、自分にとっては、自分の人生にとってはかけがえの無い価値になります。

特に、時間軸・時系列の価値は一度価値が輝き出すと、誰にも追いつけない価値となります。なぜなら、時間は誰にも平等に一定に流れるからです。
時間を使った価値創造はそのような普遍性を帯びてきます。

あなたの人生も一度きりですので、時間をうまく使い普遍的な価値を増やしていきませんか?

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿