ラベル

ファンダメンタルズ投資 (168) 米国株 (141) バリュー投資 (138) 財務諸表を読もう (114) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (101) 配当を得る (95) 中国株 (83) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (61) インドネシア株 (52) マレーシア株 (46) アルゼンチン株式 (45) 節約術 (36) 街角経済 (32) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (27) 組入銘柄 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2017年1月2日月曜日

家計簿のすすめ14 2016年の我が家の流動資産ポートフォリオ --住宅ローン返済により現預金比率の低下。2017年の戦略は?

このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

私は、18年ほど前より家計簿を作っています。で、12月31日は決算日として、自分の資産や負債を取りまとめてきました。今回は、ここ4年間の流動資産の推移をお伝えします。

なお、次回の記事で、我が家のBS、バランスシートもお伝えしたいと思います。

我が家の流動資産は、大きく分けて、現預金、外国の株式を買うために外貨にしている預金、金の積立、株式、個人年金で構成されています。ここ数年は、金現物は全て売っぱらってしまったので、残高はありませんが。

2013年は、このあと4年に比べて現預金の比率が高かったです。
2014年になると、米ドルを溜め込んでいましたね。
2015年は、比較的に前年と変わらない構成となっています。ただ、株式の比率がかなり上がってきました。
昨年は、かなり株式の割合が高まりました。NISAの利用が進みました。
また、今回の話題の流動資産以外に、住宅ローン、つまり負債を完済するために現預金を回しましたので、現預金(外貨含む)の比率が下がった要因となっています。

また、個人年金は毎月1万5千円を積み立てています。この個人年金は優秀で、毎月1万5千円の30年の積み立てで、元本700万円くらいが、1700万円くらいで返ってくるものです。年利は3%です。バブル崩壊直後に契約したものです(当時は保険屋のおばさんに勧められたのを買っただけですが、笑)。

やはり投資は時間を見方につけて、複利の効果を最大限引き出すのが重要ですね。

なお、確定拠出年金は、昨年2016年5月24日に「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」の法律改正で、劇的に良い商品となりました。詳細は、下記の厚生労働省のページを参照。
厚生労働省 平成29年1月から、iDeCo(イデコ)/個人型確定拠出年金の加入者の範囲が拡大します
この話題は別途、記事を書きたいと思います。

最後に、以上のような流動資産の経緯を踏まえ、2017年のポートフォリオ戦略ですが、今年からは住宅ローンの負担がなくなります。それを鑑み、
  • より安定的でバランス重視、しかも利回りの良い商品を選択→海外の低コストETFの割合を増やす
  • 円高での海外通貨の購入、株安での株式会社の購入をすすめる
  • 配当の増加を目指す
  • 寄付額の増加も検討する
この記事のまとめ:
  • ここ4年の流動資産のポートフォリオはあまり変化がない
  • 昨年は住宅ローン返済もあり、現預金比率が低下した
  • 確定拠出年金は制度の変更もあり、今後は利用を検討すべし
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿