ラベル

ファンダメンタルズ投資 (168) 米国株 (141) バリュー投資 (138) 財務諸表を読もう (114) 個別銘柄分析 (103) 資本家 (103) 不労所得を得る (101) 成長株投資 (101) 配当を得る (95) 中国株 (83) 経営 (78) 高配当投資 (78) 会計 (76) 労働者 (74) バブル・暴落 (64) 書籍 (61) インドネシア株 (52) マレーシア株 (46) アルゼンチン株式 (45) 節約術 (36) 街角経済 (32) ロシア株 (30) テクニカル投資 (27) 家計簿 (27) 組入銘柄 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) NTES (9) PNRA (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) 寄付 (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2017年1月21日土曜日

2016年の中間決算を踏まえた配当収入のまとめと2017年の戦略 --米国株式市場を中心に大きく動くと思われますが、大きく下げた時に優良企業を買おう。あとは小型成長株やiDeCoについて

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

2016年の中間配当が出揃いましたので、纏めたいと思います。

その前に、配当の年間の増減ですが、2008、2009年はリーマンショックの余波もあり、低迷していました。それ以後、2014年まで順調に配当の振込額も増えてきました。

2015年は、住宅ローン返済のために生まれて初めて大きく株を売却しましたので、配当額も下げています。
2016年については、現在は中間配当が終わった段階ですが、昨年並かやや少ない状況です(一番右の棒、まだ中間決算のみ合計ですが昨年並みかちょっと少ない感じ)。今年の総配当額は前年並みになると思われます。

今後の投資戦略ですが、米国株式市場が割高になってきましたので、当面様子見となります。トランプさんの大統領就任で波乱の年になると思いますので、市場が大きく下げた時に少しずつ購入していければと思っています。
基本的には、高配当の大型株を拾うという感じでしょうか。

小型成長株については、このような加熱相場の時に買うとだいたい高値掴みになりますので、様子見です。会社の決算書を調べまくって、準備をする期間だと思います。

その他に、確定拠出年金制度(iDeCo:イデコ)がかなりいい制度なので、こちらにも資金を振り向けていく予定です。

この記事のまとめ:
  • 配当は、住宅ローン返済のため、やや減少
  • 株式投資はやや様子見
  • トランプ相場が乱高下したときの安い時に購入
  • 当面は、高配当の大型株
  • 小型成長株は、各会社の決算書を勉強して、いつでも購入できるように準備を整える
  • 確定拠出年金制度(iDeCo:イデコ)に資金を振り向ける
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿