ラベル

ファンダメンタルズ投資 (175) 米国株 (149) バリュー投資 (145) 財務諸表を読もう (117) 成長株投資 (106) 資本家 (106) 不労所得を得る (105) 個別銘柄分析 (104) 配当を得る (99) 中国株 (90) 高配当投資 (83) 経営 (79) 労働者 (77) 会計 (76) バブル・暴落 (67) 書籍 (64) インドネシア株 (59) マレーシア株 (50) アルゼンチン株式 (48) 節約術 (37) ロシア株 (32) 街角経済 (32) テクニカル投資 (31) 組入銘柄 (29) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) MO (7) PG (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 定点観測 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2017年4月22日土曜日

街角経済23 出版の街を歩いてみる --人生目標の本の出版のスタートラインに着きました。出版社が集まっている、東京の飯田橋、江戸川橋界隈を回りました。(*^^*)

ある出版社さんに用事がありましたので、先日、神楽坂に行ってきました。
この界隈は出版社さんが軒を連ねているところですので、周辺を散策してきました。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

■まずは場所の確認

今回は飯田橋からスタートです。飯田橋から神楽坂の目抜き通り(早稲田通り)を登って行って、東京メトロ東西線神楽坂駅付近でお仕事。その後は江戸川橋方向の谷の方に降りていきます。東京メトロ有楽町線江戸川橋から地下鉄に乗って帰宅。

飯田橋駅の「B2a出口」から出ると、直接神楽坂下交差点に出ます。

ここは神楽坂の坂下にあたるところなので、見上げると神楽坂が結構な坂なのが分かります。飯田橋駅付近は、神田川が流れていて地形的には一番低いところです。そこから今回は、早稲田の方に登山をしていきます。

神楽坂の通り。非常に賑やかで平日のお昼でも人がわんさか居ます。左右は商店だったり、飲み屋だったり、おしゃれなお店だったりします。
登っていきましょう。
坂の解説。

途中、毘沙門天 善國寺が現れます。
善國寺は日蓮宗のお寺のようで、詳細については、こちら↓
善國寺について

本日の仕事がうまく行きますように、お参りしてきました。

10分ほど登山をしていると、神楽坂上の交差点に到達します。これで、ほぼ上の方に上がってきました。


その交差点の角には、安養寺があります。
天台宗のお寺で、「醫光山 安養寺(通称:神楽坂聖天・江戸観音16番)」とのこと。

さらに先に進みます。すると、「音楽之友社」が右手に現れます。ホームページのトップには、「音楽の力を信じ、音楽の心を伝えたい」とあります。熱いですね。

沿革には、「 創立70周年前年の2010年、創業に先立つ時代からの一貫した理念を、〈音楽の力を信じ 音楽の心を伝えたい〉という言葉として集約いたしました。2016年は創立75周年、先人たちが刊行した「音楽と文学」から100年の記念年となります。先達の志を受け継ぎつつ、弊社はこれからも音楽を愛する人々と強い絆を結び、時代を見据えた出版活動を続けてまいります。(代表取締役社長 堀内 久美雄)」とあります。
歴史のある会社ですね。

少し進み、右に折れます。直ぐ側に、「赤城神社(牛込総鎮守 赤城神社)」が現れます。
赤城神社。お参りしてきました。

すぐ横にある、螢雪天神。

解説文です。

少し離れたところに、八耳神社、出世稲荷神社、東照宮があります。

こんな感じ。

赤字神社から早稲田通りに戻って、早稲田方面に少し進み左に折れると、「新潮社」が現れます。有名な会社です。

でいよいよ散歩も終わって、このあたりでお仕事をしてきました。お仕事と言っても本業ではなくて、趣味の投資の話です。
私の人生の目標に、「50歳までに一冊本を出す」というのがあるのですが、いろいろなご縁を通じて出版社さんを紹介いただきましたので、企画書をお持ちし話を聞いていただきました。
こちらの話はそれなりにいい反応を頂き、1時間半もお時間を取っていただきました。
題材的にはいろいろ課題があるので、かなりの修正を依頼されましたが、再度お持ちすることになりました。ヽ(^o^)丿


さて、仕事も終わって、ここから江戸川橋の方、神田川に向けて下っていきます。
相生坂という坂がありました。

下りきると、株式会社トーハンが出てきました。元の名前は、東京出版販売株式会社です。

本社前には桜が咲いていました。

これにて今回の旅路は終了。

東京では神楽坂は有名な場所ですが、その周辺に出版会社が多いのは意外に知られていません。少し苦しい業界となっていますが、新しい価値観を見出し復活してほしいものです。

この界隈には、凸版印刷が100周年記念事業の一環で設立した「印刷博物館」があります。今度時間がある時に行ってこようと思っています。

この記事のまとめ:
  • 出版社さんとのお仕事で、神楽坂から江戸川橋まで歩いてきた
  • 歴史的に多くの出版社さんが軒を連ねている場所
  • 今回は、自分の本の出版のために、企画書を提案
  • うまく事が運んで本を出版できればいいですね。(*^^*)
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿