ラベル

ファンダメンタルズ投資 (172) 米国株 (146) バリュー投資 (142) 財務諸表を読もう (115) 個別銘柄分析 (104) 成長株投資 (104) 資本家 (104) 不労所得を得る (102) 配当を得る (96) 中国株 (86) 高配当投資 (79) 経営 (78) 会計 (76) 労働者 (75) バブル・暴落 (65) 書籍 (63) インドネシア株 (56) マレーシア株 (49) アルゼンチン株式 (47) 節約術 (37) ロシア株 (32) 街角経済 (32) テクニカル投資 (30) 組入銘柄 (28) 家計簿 (27) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NTES (9) NISA (8) アメーバ経営 (8) MO (7) PG (7) 寄付 (7) ABT (6) DIS (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 稲盛和夫 (5) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2202.HK(万科企業) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) INDF.JK (2) ISRG (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BBRI.JK (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1) 定点観測 (1)

2017年5月28日日曜日

NetEase, Inc. (NTES)8 配当が出ました --中国のネットゲーム、ECの成長企業、ネットイーズの最新の財務状況を見てみましょう

4年前頃に購入した、ネットイーズ、NetEase, Inc. (NTES)が株価好調です。元はネットゲームの会社だったのですが、ここ1年ほど前からECビジネスに参入していて大幅に売上を上げてきました。今では、クロスボーダーECとして、中国企業ですが海外の会社と提携してECを充実させています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

■2016年12月期決算

では、業績を見ていきます。

右肩上がりで売上を伸ばしています。

当然にEPSも強烈に右肩上がり。
株価も私自身、買値から5倍位になっています。

費用面ですが、2015年度から新しい事業をはじめたこともあり、売上原価率が上がってしまっています。


キャッシュフローが特徴的です。2016年度の投資が傑出していますね。新しい事業への投資となります。

損益分岐点はネットビジネスだけあって非常に低い位置にありますね。強烈に儲けています。

■楽天との提携の話題

クロスボーダーECサイト

2016年6月15日に、
楽天と中国大手ECサイト「Kaola.com」が戦略的提携契約を締結- 楽天市場Kaola.comに出店、中国の消費者に高品質な日本製品を提供 –
の記事が載っていました。

--- ここから ---
  日本最大級のインターネット・ショッピングモール「楽天市場」を運営する楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)と、中国の大手インターネットサービス企業、NetEase, Inc(ネットイース、本社:中国杭州市、CEO:Ding Lei、ディン・レイ、以下「ネットイース」)の子会社であるHQG, Limited(エイチ・キュー・ジー、本社:中国杭州市、CEO:Zhang Lei、ジャン・レイ)は、高品質な日本製品を中国の消費者に提供するため、戦略的提携契約を締結したことをお知らせいたします。

  楽天市場は、本日から、HQG, Limitedが運営する越境(クロスボーダー)ECサイト「Kaola.com」内に楽天市場の旗艦店を出店し、中国の消費者に日本製の高品質な人気商品を販売します。同店舗で取り扱う日本の各ブランドは、ネットイースが運営する様々なオンラインメディアを通じて紹介されます。Kaola.comはすでに日本、韓国、米国、オーストラリアやヨーロッパ発の人気ブランド数百点を販売しており、中国全土8億人超のネットイースユーザーが利用可能なプラットフォームとして、急成長を遂げています。

  Kaola.comは2015年1月の開設以来、直販型ECサイトとして、ユーザーに「高品質の商品、お得な価格、優れたサービス」を提供していることが評価され、中国で急成長を遂げています。楽天市場は1997年に日本で開始したインターネット・ショッピングモールで、現在は4万4000以上の店舗が出店し、取扱商品数は2億超にものぼります。

  楽天株式会社、常務執行役員の高橋理人は次のように述べています。
「楽天は、クロスボーダーECサイトの先駆者であり、革新者として確固たる地位を築いているKaola.comとの提携に、高い期待を寄せています。Kaola.comを通じて中国の消費者の方々に、楽天市場の出店店舗で販売されている商品の中から、特に人気が高い、選りすぐりのこだわり商品をお届けすることを楽しみにしています。」

  KaolaのCEO、Zhang Lei氏は次のように述べています。
「中国の消費者の間で、高品質な外国製商品への需要は高まり続けています。楽天との提携を通じて、ぜひ人気の高い日本製品の取扱品目数を増やし、商品ラインナップをより充実させたいと思います。楽天市場とKaola.comの提携により、中国の消費者が日本製の商品の数々をより深く知るようになれば、より高品質な商品を簡単に購入できるようになり、ショッピングが一層楽しくなるでしょう。」

  楽天は、Kaola.comにおいて、美容関連や健康食品といったジャンルをはじめとする楽天市場の人気商品を販売します。また日本の楽天市場の売れ筋商品ランキングも紹介予定で、ネットイースの様々なオンラインメディアと合わせて活用することで、日本の人気商品を中国の消費者に、効果的にお薦めすることができます。取扱商品は、順次拡大予定です。

■ネットイースについて
ネットイースは中国の本社を置くインターネットテクノロジー企業です。中国のインターネット用アプリ、サービス、各種テクノロジーの草分け的企業です。ネットイースが開発したオンラインコミュニティと、個々のニーズにきめ細やかに対応するプレミアムサービスにより、子会社が運営するネットイースの様々なサイトの人気が高まり、多くのユーザーを獲得しています。
■Kaola.comについて
Kaola.comは、ネットイースの子会社であるHQG, Limitedが2015年1月に提供を開始した、クロスボーダーECサイトです。「高品質の商品、お得な価格、優れたサービス」を提供するサイトという評判を確立しています。Kaolaは日本、韓国、米国、オーストラリア、ヨーロッパ各国の企業数百社と戦略的パートナーシップを確立し、数億個もの高品質の商品を中国の消費者に提供しています。
以 上
--- ここまで ----

この記事のまとめ:
  • ネットイーズは、中国のオンラインゲーム会社
  • ECビジネスへも展開中
  • その影響で、高成長、好業績が続いている
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿