ラベル

ファンダメンタルズ投資 (181) 米国株 (161) バリュー投資 (153) 財務諸表を読もう (122) 成長株投資 (111) 不労所得を得る (110) 資本家 (109) 個別銘柄分析 (108) 配当を得る (100) 中国株 (96) 高配当投資 (84) 労働者 (80) 経営 (80) 会計 (78) インドネシア株 (70) バブル・暴落 (68) 書籍 (67) マレーシア株 (55) アルゼンチン株式 (53) 節約術 (40) テクニカル投資 (35) ロシア株 (34) 街角経済 (34) 組入銘柄 (32) 家計簿 (29) ローン返済 (23) 名古屋 (15) グランパス (14) MELI (10) PNRA (10) NISA (9) NTES (9) アメーバ経営 (8) 寄付 (8) DIS (7) MO (7) PG (7) ABT (6) JNJ (5) LLY (5) MMM (5) SPY (5) WMT (5) 定点観測 (5) 稲盛和夫 (5) 2202.HK(万科企業) (4) AEO (4) 1066.HK(山東威高集団医用高分子製品) (3) 2328.HK(中国人民財産保険) (3) 6888.KL(AXIATA) (3) GSK (3) ISRG (3) SHAK (3) UNH (3) UNVR.JK (3) 0388.HK(香港交易所) (2) 0857.HK(中国石油天然気) (2) 0867.HK(康哲薬業) (2) 0991.HK(大唐国際発電) (2) 2628.HK(中国人寿保険) (2) 2883.HK(中海油田服務) (2) 900923.SS(上海百聯集団) (2) BBRI.JK (2) INDF.JK (2) KLBF.JK (2) MCO (2) V (2) VOO (2) 積立投資 (2) 0525.HK(広深鉄路) (1) 0576.HK(浙江高速道路) (1) 0837.HK(譚木匠) (1) 0956.HK(新天緑色能源) (1) 1398.HK(中国工商銀行) (1) 2039.HK(中国国際コンテナ) (1) 8664.KL(SP SETIA) (1) AXP (1) BRK-B (1) MA (1) MANU (1) TLKM.JK (1) TSLA (1) カルガモ親子投資法 (1) 出版 (1)

2017年5月23日火曜日

Unilever Indonesia Tbk. (UNVR.JK)3 銘柄紹介 --インドネシアの消費財・日用品大手。インドネシア経済の発展に伴い順調に株価を伸ばしています!

ユニリーバインドネシア、Unilever Indonesia Tbk. (UNVR.JK)については、2015年2月頃から買い始めて約2年ほどのお付き合いの会社です。
今回は2016年度の決算を見てみます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ ランキングで、今こんな順位にいます☆(*・.・)ノ
Twitterもフォローお願いします → fairvalueinvestment @fairvalue_i
このブログのfacebookページはこちら→ Fair Value Investment 公正価値投資

■2016年12月期決算
※画像はSBI証券からお借りしています。

ここ3期の決算と予想が出ています。売上をジリジリと伸ばしてきていますね。
利益は前年度に少し落としましたが、今年度再び成長させています。
成長していく企業に投資をするのは、株式投資の王道といえます。
皆が幸せになりますね。^_^

■株価は
これに連れて株価ですが、再び上昇基調に入りました。
ここ10年で、株価は10倍ほどになっていますね。

■自分の投資戦略との整合は?
私の投資戦略は、
  1. 節約で資金をため、
  2. 価値と価格にギャップが出る、暴落時などに地道に購入
  3. 普段は、優良企業を探すことに努める
  4. 日本国資産の価値は長期的に下落すると思われるので、海外資産を利用する
  5. 海外でも、GDPが成長する国を選択する
  6. GDPの成長は、人口動態と強い相関があるので、人口動態も考慮する
  7. 配当利回りが高く、連続増配企業と、
  8. 小型で数十パーセント増益の超成長企業に投資する
こんな感じです。
で、インドネシアに対する投資は、4.の海外資産、5.と6.の人口増≒GDP増、8.の小型成長株という観点で選択しました。

昭和の日本を参考にするといいのですが、人口動態がいい国はGDPも普通に成長します。また、そのときには消費財が伸びていきますので、今回のユニリーバインドネシアはそのような観点で投資を決めていて、10年位で数倍、できれば10倍位になればいいなー、と気楽に考えている銘柄です。

■新興国投資の注意点
なお、このような新興国は、為替が日本円に対してインドネシアルピー安になることも多く、円建て利益が減価することも多いです。このあたりは見守る必要がありますね。

この記事のまとめ:
  • ユニリーバインドネシアは、インドネシアの消費財大手企業
  • 10年に渡り成長中
  • 人口増に伴い消費財が伸びると考えられ、今後の業績も良いと考えられる
  • 通貨高(円の)に注意を
関連記事:

この記事は参考になりましたか?

少しでも参考になればSNSでシェアしてもらうと嬉しいです。
   ↓ ↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿